英会話の独学に絶対に取り入れるべき、ディクテーションの魅力

英会話 独学 ディクテーション

 

英会話は、独学でも十分上達させることが出来ます。

 

第二言語ですから、習得は容易ではないです。
ですが、努力すれば誰でも上達させることは出来ます。
かく言う僕自身も、独学で英会話の勉強をした一人です。
英語が得意だった印象が無いので、昔の友人に驚かれる位です(笑)

 

もしこれから独学で英会話を学ぶなら、ディクテーションは絶対に取り入れるべきです。
簡単に言うと、英会話力を高める為の勉強方法の一種です。

 

このディクテーションですが、音読とは違うので知らない方も多いかと思います。
当記事では、ディクテーションの魅力についてご紹介したいと思います。

 

シンプルに言うと、自分が聞き取った英語を文字に書き起こす作業のことです。

 

書き起こすだけなので、やることはシンプルです。
ですが、得られる物は凄く沢山あります。

 

やるべき理由としては、英語の音の繋がりや変化に早く適応できることです。

 

日本語の場合も、言葉が変化することがあります。
例えば、体育は正確に言えば「たいいく」ですが、「たいく」といいます。
銀杏も本来は「ぎんあん」ですけど、「ぎんなん」と読みます。

 

英語も同じで、発音が単語の組み合わせ等で変化をします。
ディクテーションをやることによって、これに早く適応できるのです。
文字に書き起こすことで、聞き取れていない英語の音が分かるからです。
そして、同時に英単語力や英文法力も強化できます。

 

このディクテーション、色々な所で取り入れられています。
大手の英会話スクールもやっていますし、通訳を目指す方もやっています。
その位、学習効率が良い練習方法なのです。

 

ですが、唯一といえる欠点があります。
それが、文字に書き起こすのが面倒臭いということです(笑)

 

初めての方からすると、相当面倒に感じると思います。
英語の場合、日本語と比べると文字数が多いですからね。
効果を実感する前に、投げ出す方も少なくないです。

 

このディクテーションの欠点を補っているのが、スタディサプリENGLISHです。
スマホからも勉強できる、英語の勉強サービスです。

 

キーボード入力、タップ入力でディクテーションが出来ます。
文字に書き起こす必要がなくなるので、凄く楽なんです。
それに頭文字がヒントとして表示されるのも、良い点です。

 

また、音読もスタディサプリENGLISHでは採用されています。
音読とディクテーションの両方が出来ますから、効率よく英会話力を上げられます。

 

有料ですので、無理に使う必要はないです。
ただ独学でやる場合も、ディクテーションだけは是非挑戦してみて下さい。
ラジオ英会話なども、ディクテーションをやってみると凄く効果が高くなると思います。