元海外駐在員が思う、日本人の多くが英語を話せない理由

日本人 英語 話せない理由

 

個人的な見解ですが、日本人の多くが英語を話せないと思います。
正確に言えば、英語を話すことについて苦手としている印象があります。
これを読まれている方も、きっと英語を話すことに苦手意識があるのではないでしょうか。

 

僕が海外にいた頃、家族や友人が遊びに来てくれました。
ただ、現地での外国人とのやり取りは全て僕が行っています。
家族に関しては、僕に丸投げしてきました(笑)

 

なぜ日本人は英語を話せないのか、苦手なのでしょうか。
色々考えてみました。

 

僕が思うに、英語を話す機会が圧倒的に少ないからだと思います。
言い換えると、英語の話し方を習う機会が乏しいです。

 

僕もそうですが、英語を習う機会はあります。
義務教育の中で、英語を学びますよね。
定期試験、入学試験でも英語は必須科目な場合が殆どです。
ですから、大半の方が真剣に英語を勉強したはずです。

 

ですから、簡単な英単語とかなら読んだり書いたり出来ると思います。
でも、英語を話せるかといったらそうじゃないですよね。
これはつまり、英語を話す機会は日本じゃ殆どないからです。

 

よく、外国人の恋人を作ると英会話が上達するなんて言われます。
これは結構合っていて、僕の友人もそうです。
反対に日本人の恋人がいる外国人は、日本語が結構できます。
交際する中で、その言語を使う機会が多いからですね。

 

何が言いたいかというと、英語を話す練習をすればよいということです。
英語の読み書きと同じで、勉強していけば話せるようになっていきます。

 

ここで気を付けたいのが、手段です。
どうやって勉強するかというのが、結構大事だと思います。

 

特に独学、自己流というのは避けたいですね。
やっぱり自分でというのは、非常に無駄が多いからです。

 

また、英会話の教材の中にも質が悪い物が結構あります。
質が悪い教材を使うと、お金と時間を両方無駄にすることになります。
特に聞き流し系の教材は良くないです。
聞いてるだけで英語を話せるようにはならないですから。

 

個人的に良いと思える教材については、別記事で詳しくご紹介をしています。
もし興味があるようであれば、下記の記事も参考にどうぞ!

 

英会話の上達にピッタリな教材を、海外転勤者がお教えします!